豊胸をしてみて解ったこと

豊胸手術の決断は正解

Dカップにもなると、露出が少ないドレスでも目立つレベルです。
露骨に鼻の下を伸ばす男性もいたりして、昔の自分にリベンジをしたような気持ちになれました。
ですがだからといって、突然に指名が増えたり稼ぎが大きくなることはなかったです。
私はいつしか周囲の女性の活躍をスタイルのおかげと決め付け、作法や話術を上達させることを怠っていました。
胸が大きくなって確かに喜んでくれるお客さんは増えましたが、新規に獲得をするには根本的な部分が不足していたのかもしれません。
あれから数年が経ち、今も豊胸手術をした胸に問題は起きていません。
胸フェチの彼氏もできましたし、嬉しいことは沢山ありました。
一方で女性としての魅力は、スタイルや容姿だけではないのでしょう。
豊胸手術を受けてその部分を再認識できたこと、これが他でもない最大の収穫だったように思います。
もし私のように胸を大きくしたいと考えている人がいれば、それが何のためなのか改めて考え直してみてください。
痛いですしお金も掛かりますし、引き換えにすることも多いです。
豊胸手術の決断が真に正解となるよう、応援しています。

脂肪注入による豊胸手術を受けましたDカップになるようお願いしました豊胸手術の決断は正解